2019年04月12日

<はじめに>

はじめまして、ゴーヤです。
昔から妄想が好きでして・・・ついに2016年5月16日、開設してしまいました。
医療関係の仕事にいまして、病院が舞台の話が多いです。
ゴーヤのように、苦くてもそこがウマイ、そんな小説を目指して頑張ります。
未熟者ですが、よろしくお願い申し上げます。


以下、目次(下ほどNew)
※『僕は今日も待つ』はワタクシの処女作となり、大変短編です。拙いです。。。
※『俺にないもの、僕の知らないこと』『俺ちがうんですけど』『僕のそばにいて』は研修医三部作となっています。オススメは、この順ですが、どれから読んでも全く問題ありません。

☆僕は今日も待つ
 小児病棟に入院する彼が毎日待っているものとは?
 限りなく淡い恋心のお話です。
 <1><2><3><あとがき>


☆俺にないもの 
研修医2年目の2人が医者として成長する姿を軸とした、極めてじれったい恋のお話。
 4月:<1><2><3><4><5><6> 5月:<7><8><9> 6月:<10><11><12> 7月:<13><14><15><16><17> 8月:<18><19><20><21><22> 9月:<23><24><25><26><27> 10月:<28><29><30> 11月:<31><32><33><34> 12月:<35><36><37><38><39> 1月:<40><41><42><43><44><45> 2月:<46><47><48><49> 3月:<50><51><52><53><54><55>
<あとがき>
☆僕の知らないこと 
『俺にないもの』のSide武田。
あのとき武田はなにを考えていたのか!?すれ違う彼らの恋をもう一度。
<1><2><3><4><5><6><7><8><9><10><11><12><13><14><15><16><17><18><19><20><21><22><23><24><25><26><おまけ1><おまけ2><おまけ3><おまけ4>
<あとがき>


☆俺ちがうんですけど 
整形外科医と看護師による、オペ室で繰り広げられる追いかけ追いかけられの恋のお話。
<1><2><3><4><5><6><7><8><9><10><11><12><13><14><15><16><17><18><19><20><21><22><23><24><25><26><27><28><29><30><31><32><33><34><35><36><37><38><39><40><41><42><43><44><45><46><47><48><49><50><51><52><53><54><55><56><57><58><59><60><61><62><63><64><65><66><67><68><69><70><71><72><73><74><75><76><77><78><79><80><81><82><83><84><85><86><87><88><89><90><91><92><93><94>
<あとがき>

☆俺ちがうんですけどafter story
ある日、透の出かけた先とは・・・?
<1><2><3><4><5><6><7>


☆僕のそばにいて 
循環器内科医と、ある幼なじみのお話。
<序章><1><2><3><4><5><6><7><8><9><10><11><12><13><14><15><16><17><18><19><20><21><22><23><24><25><26><27><28><幕間><29><30><31><32><33><34><35><36><37><38><39><40><41><42><43><44><45><46><47><48>
<あとがき>


☆俺を見ろ (連載中)
とある研究室の、無口な研究員と華の大学院生のお話。
<1>〜<?>


なお、お話は完全にフィクションですので、施設や名前は架空のものです。
ただし医療用語や疾患についてなどは割とリアルに描いているつもりです。


*お気軽にコメント頂ければ励みになります〜。
もしくはlettuce-room☆outlook.jp(☆に@)なんてメアドでも。
拍手コメントには、返信の方法が分からないので、該当の話に返信を書かせて頂いています☆
なお個人的なサイトですので、誹謗中傷がありましたら、無断で削除させて頂きますのでご了承下さい。


参加しています♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
posted by ゴーヤ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

俺を見ろSS4(6)

身体を起こしているのさえ辛いほど身体の疲れを感じて、崇裕はごろりと直弥の横に寝転んだ。
そしたら今度は直弥が少し起き上がって、崇裕の唇を奪ってきた。
しかし興奮のボルテージは治まったらしく、直弥らしい、かわいい軽い口づけだった。
そしてさすがに直弥も疲れたのか、そのまま頭を崇裕の胸に乗せて落ち着いた。崇裕もそんな直弥の腰を引き寄せた。
お互いまだ息が荒い。

足下に丸まっていた布団を足で引き寄せ、2人の上にかける。
さっきまでまるで寒さなんて感じなかったが、少し落ち着くと寒いことに気付いた。
もう冬になっているし、帰ってから暖房なんてつけようと考える前に事がはじまってしまった。

なにか既に記憶があやしい。何で直弥が自分の部屋にいるのかも分からなくなってきた。
ここまで冷静さを失って、ひとの身体に貪りついたのは初めてだった。
しばらくすれば呼吸自体は治まっていったが、それでも興奮の絶頂にいた頭の中は落ち着くことなく、ふわふわとしていた。
本当になにを考えるのも億劫だった。

徐々に直弥の呼吸も落ち着いてきたようだ。
すると崇裕の胸に預けていた頭をすっとあげて、直弥がこちらを見た。
その顔には先ほどの興奮がまだ残っていた。いや先ほどの残像なのかもしれない。これから直弥の顔を研究室で普通に見られるか不安になった。
「・・・やる?」
直弥が伺ってきた。
この先があることは崇裕も知っている。同性愛の同級生がひとり居たから、少し知識を頂戴した。実は準備もそれなりにしてある。
直弥も「調べた」と言っていたから、続きの存在を知っているのだろう。

なにがあるかはお互い分かっている。でも、頭で分かっていることと、身体で感じることは大きく違う。こんな甘くてそして激しく興奮する時間を過ごしたのは、直弥は初めてだろうが、崇裕も初めてだった。
もう既に濃厚すぎる時間を過ごした。崇裕の身体は十分満足していたし、そして良い意味で疲れていた。
「身体は満たされた?」
崇裕が聞くと、直弥は顔を赤らめた。身体が乾いて変だ、と訴えた直弥の言葉に対して崇裕が返したことを理解したのだろう。
静かに頷いた。

「急ぐ必要はないよ。今日はこれで俺は十分なんだけど。」
すると僅かにほっとした表情を直弥は浮かべて、そして崇裕の胸に頭を埋めた。
「・・・そう思う。」
直弥も必死だったのだろう。こういう場に慣れていないことを引け目を感じて、崇裕が満足するか不安だったのかもしれない。
そんな直弥の身体を引き寄せて、崇裕は笑った。
ここから先は崇裕だって知らない世界。もうお互い平等だ。
崇裕も、そして直弥も頭でっかちで知識ばかり持っている。でも、知っていることと、現実でやることは全然違う。
頭じゃなくて、自分たちの心と身体に従って、ゆっくり進めばいい。
そう思って、直弥の頭に口づけた。

「でも・・・いつかは、したい・・・。」
「!?!?」
直弥の消え入るようなその言葉に、崇裕は先ほどの言葉を撤回するかどうかを本気で悩んだ。






ありがとうございましたー。
本番まで書けない弱気なわたくし。
めちゃくちゃ迷ったのですが、書く方も満足&疲れたのでこれで終わりにしちゃいました(てへ)
次回作に煮詰まったり、次回作のあまりの硬派具合にイチャイチャを書きたくなったら本番書こうかな。
ではでは。
次にお会いできるのは、次回作・・・と思ってます。
拍手には書きましたが、現在滞っているんですけどね汗。
ではでは、遠くない未来にいつか、会いましょうw

ゴーヤでした!



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
拍手、コメント頂ければ大変励みになります☆
参加していますので、ご評価頂ければ嬉しいです♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

posted by ゴーヤ at 10:00| Comment(0) | 俺を見ろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

俺を見ろSS4(5)

ベッドにそっと直弥をおろし、そしてそのまま崇裕はスラックスも下着も脱ぎすてた。
直弥を先に脱がせるよりも、自分が先に脱いだ方が直弥の気持ちを落ち着かせられると思ったからだ。直弥が明らかに崇裕の下半身に目を向けていて、さすがの崇裕も恥ずかしくなった。
男同士で裸を見せ合うなんて、部活時代や風呂場では普通のことだが、やはり思い人に見られるのは別格の意味があった。
ベッドに横たわる直弥の上に覆い被さり、ちゃっかりつけていた眼鏡をとる。壊れないように出来るだけ遠くにおいて、そして首元に口づけをひとつ。
ゆっくりと前だけをくつろげさせていた直弥のズボンと下着をおろした。直弥も手伝うように腰をあげてくれた。
お互いなにも着ていない状態となって、しっかりと抱き合った。
少し落ち着いた呼吸になってきてはいるが、下腹部に感じる直弥のものは硬さを失っていない。崇裕自身も、服越しにしか擦っていなかったのに、十分起ち上がっていた。

落ち着け落ち着けと崇裕の頭が警鐘を鳴らしているのに、徐々に直弥も崇裕のものを感じたのか、またもや呼吸を荒くし始めて、身じろぎをした。それでお互いのものが擦られて、崇裕の興奮もあがっていく。いてもたってもいられなくなり、崇裕は抱き合ったまま腰を動かして、お互いのものを擦り合わせた。
直弥の声にならない喘ぎが耳元で鳴る。その唇をまた奪った。
直弥はすぐに口を開いて、今度は直弥から崇裕の中に侵入してきた。
気付けば直弥のほうも腰を動かしているのが分かった。それはお互い、本能の動きだった。

自分の声も自然と漏れる。
女とやる時は、男のプライドなのかあまり声をあげづらい。しかし直弥が相手だとそういう気持ちも薄れて、自然と出る喘ぎを止められなかった。

お互いの先走りが混じり合い、どんどんどんどん動きが滑らかになっていくと、さらに気持ちが良い。
気持ちが良すぎる。
腰が言うことを聞かずに早く動いてしまう。それは直弥も同じのようだった。

部屋に響く、水音と荒れた呼吸と、そしてお互いの喘ぎと。

ここがどこだったとか、今が何時だとか。
昨日がなんで、明日が何であるかとか。
すべてが消え失せて、ただただ腕の中にいる直弥の存在だけが全てだった。

「やばい・・・。」
直弥の声が耳元で聞こえた。
ずるい。
いつも喋らないくせに、こういうときだけ喋るなんて。どんだけ崇裕を煽りたいのだ。
「おれも・・・。」
荒い呼吸のなか、崇裕は必死に答えた。もう言葉を発することだって億劫だ。

射精感が高まり、崇裕はふたりの間に手をやった。
お互いのものを同時につかみ、しごきあげる。直弥が腰を動かすし、崇裕も我慢できないし、もう2人の間でぐちゃぐちゃだった。
直弥の手も重なった。
意識の薄れている直弥の手は、しごく動作にほとんど意味をなしていなかったが、それでも崇裕の手に直弥の手が重ねられたことにもさらなる興奮を引きずり出された。

「もう、いく・・・!」
また煽る言葉を・・・崇裕は残ったわずかな意識でそんなことを考えながら、手の速度をあげた。崇裕も限界だった。
手の速度をあげればあげるほど、直弥の口からこぼれる喘ぎは大きくなっていった。もう抑えが効かないようだった。その声に崇裕も興奮のボルテージが上がっていく。

わずかだが先に直弥がいった。
その身体の震えに煽られて、崇裕も達した。
2人の身体の間で、精液が混じる。どちらのものか分からなかったが、直弥の胸の真ん中まで飛んでいた。
余韻で軽くしごきながら、ふたりは熱い呼吸をしていた。どちらからともなく、また唇を寄せる。
どちらの口の中なのか、どれが自分の舌なのか分からないくらい濃厚な口づけをした。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
拍手、コメント頂ければ大変励みになります☆
参加していますので、ご評価頂ければ嬉しいです♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

posted by ゴーヤ at 10:00| Comment(0) | 俺を見ろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

俺を見ろSS4(4)

つないでいた手を離し、カチャカチャと直弥の前をくつろげ、そしてすでに硬くなり始めたものを取り出す。
数回手で扱いたが、頭が沸騰寸前だった崇裕はそれでは満足できず、がぶりと銜えた。そんなこと、もちろん経験がなかった崇裕だったが、まったく嫌な気はしない。
むしろ頭の中のマグマはさらに音を立てる。
自分が女にされて嬉しかったことを直弥に仕掛ける。先を細かく舐める、くぼんだ場所を唇で擦る、裏のすじを舐めあげる。
上からこぼれる直弥の喘ぎは、掠れたものからはっきりした声になっていた。
夢中という言葉以外なにも浮かばない。夢中で直弥のものを舐め続け、ほどなく半勃ちだったものが、完全に反りあがっていった。
反り上がって、よく見えるようになった後ろの二つの玉も口に含む。そちらもぱんぱんになっている。
そばの太ももの内側をさすった。

もはや自分がなにをしたいという思考はなかった。
身体が勝手に動いて、直弥を求めていた。
また反りあがったものに、軽く口づけ、そしてその下の下腹部にも口づける。
まだ脱がせていなかった服をめくって、へそに口づけ、そしてさらに上にも・・・と思って、直弥の顔を見て驚いた。

直弥の目に涙が浮かんでいた。
「直弥?」
「・・・。」
「・・・嫌だった?」
直弥は激しく首を振ったので少し安心した。
「気持ちよすぎて・・・びっくりしただけ。」
ぼそりと直弥がつぶやいて、その顔がまたかわいかった。

崇裕はまた直弥に口づけた。軽めにして止めた。
直弥の顔を覗き込めば、直弥も崇裕を見つめた。その目からまた一粒、涙がこぼれた。
崇裕は、その涙にそっと口づけた。

崇裕は反省した。
直弥は確かに頭が良いから、きっと色々調べてきたのだろう。自分が今までにやった行為も、調べたからこそ受け入れてくれた。この後、なにをするであろうかということもきっと理解している。
でも、頭で理解していることと、実際その行為がどんなものなのかを体験することは違う。
まだ崇裕の頭のマグマはごろごろ高鳴っている。しかし、それを抑えようと努力した。
自分の唇を舐め、唇に残った直弥の感覚を味わう。


崇裕は身体を起こして、着ていたシャツを脱いだ。
上半身裸になった崇裕を直弥は見つめ、意を汲んで直弥も上を脱ぎ始め、それを崇裕は手伝った。
脱ぎ終わった直弥に軽く口づけ、鎖骨あたりにもう一度口づける。
そこで、ぐっとソファから立ち上がり、一緒に直弥を抱えた。
「え?なに!?」
突然のことに驚いた直弥に抱えたまま、また口づけて、そのまま寝室に向かった。
ラグビー経験者で比較的筋肉質な崇裕にとって直弥ひとりなど軽いものだった。直弥も身体の興奮で歩ける気がしなかったのだろう、崇裕の腕の中で小さくなっていた。腕のなかで小さくなっている、その身体が荒く呼吸しているのが可愛かった。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
拍手、コメント頂ければ大変励みになります☆
参加していますので、ご評価頂ければ嬉しいです♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

posted by ゴーヤ at 10:00| Comment(0) | 俺を見ろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

俺を見ろSS4(3)

あの日は、触れあうようなキスしかしなかった。
直弥を驚かせたくなかったから、もっと深くと望む自分の欲望に蓋をして、それで良いんだと自分を納得させて身体を離した。
でもそうじゃなかった。

直弥が・・・求めている。
そのことが、崇裕を異常なほど興奮させた。

そのまま直弥をソファに押し倒し、直弥の唇に噛みついた。余韻もなく、直弥の口の中に押し入って、奥に潜む舌に絡みついた。今までになく直弥を近くに感じて、さらに興奮する。
そして少し口を離せば、また直弥が言葉を紡ぐ。
「身体が・・・乾いたみたいに変で・・・。」
普段話さないくせに、こんな時だけ言葉にしようとするなんて、その必死さがかわいくてしようがない。
「自分では、どうしようもなくて・・・」
直弥の殺し文句をもっと聞きたい気持ちもあったが、崇裕はもう我慢ができなかった。

もう一度、直弥の唇をねっとりと味わい、直弥の舌を、上顎を、歯列を味わい尽くす。時折漏れる直弥の声が、崇裕の頭をおかしくしていった。
一度唇を離す。
恐らくこういった口づけは直弥に経験がないだろう。呼吸のタイミングを作ってあげる。
崇裕の目の前で、直弥が呼吸を荒くしている。
その姿に我慢ができなくなって、待ってあげようと口を離したのに、結局呼吸が整う前に、また直弥の唇を奪ってしまった。

だめだ、だめだ。
優しくしないとと思っても身体が言うことを聞かない。
もっと深く味わいたくて、直弥の頭の後ろに手を差し入れて、さらに引き寄せた。
直弥はされるがままの状態ではあるが、必死に崇裕のシャツを掴んでいる姿がいじらしかった。

崇裕の中に残ったわずかな理性が働いて、やっとの思いで唇を離す。
しかし押さえられない衝動に負けて、今度は耳や首にキスを降らす。それでは足りなくなって、舐めるように唇を押し当ててしまう。

手も崇裕の意志とは関係なしに勝手に動いて、直弥の肌を探ろうとしてしまう。
冬になり、厚着になっている衣服の下に左手を差し入れる。外気から守られて、温かい服の下にある直弥の肌。温かい・・・それだけでも気持ちよかった。
腹、腰、臍。
やっぱり足りなくなって、また直弥の唇を求めてしまう。
時折聞こえる直弥の声が、耳に熱い。

腹や脇をまさぐっていた左手に小さな粒が触れた。
女とは違って盛り上がりもなにもない平坦な胸。しかし、平坦だからこそ目立つ、その小さな突起が愛おしくていじってしまう。
触っているか触っていないか微妙なくらいで、先端に触れていると、徐々に口づけの合間から漏れる直弥の声が高まったので、崇裕は嬉しくなった。

すると、いじっていた左手とは反対の右手に、直弥の指が絡んできた。追いすがるようなその手を、崇裕が重ね合わせると、直弥は強く握りかえしてくる。
その必死さが愛おしく、崇裕は自分の中で爆発しそうな興奮をどう処理すればよいか分からなくなっていた。頭では直弥を驚かせないようにと必死に抑えているものの、身体が勝手に動いてしまう。
気付けば、直弥に腰をおしつけていた。
・・・そして、自分とは別の硬いものが、服越しにも分かる。

もう抑えられない。

腰を押しつけたまま、唇を離し、直弥の顔を真っ正面から見る。
「・・・触ってもいい?」
自分の声が掠れていて、格好悪いほど興奮しているのが言葉に乗ってしまった。
直弥は崇裕を見つめ返しながら、静かにツバを飲み込んだ。

驚くというよりも、覚悟を決めたような、その表情で崇裕は感じた。
さきほど直弥は言った。「調べた」と。
そう、直弥は頭が良い。
崇裕の中で直弥は無垢で純粋な生き物としていたけれど、直弥は研究者である。崇裕という存在ができて、今後どうすべきか、今後なにが2人の中で起きるのかを考えないわけがない。
彼が、なにを調べたかは一目瞭然だ。
そして直弥は言った。「自分でどうしようもなかった」と。
さすがに二十歳を超えた男が、自慰行為を知らないわけがないだろう。しかし、それでは足りないと、いうことを彼は伝えてきたのだ。
ここ数週間の彼の異変。
それが彼の抑えきれない興奮だというならば、崇裕のなかで言いしれない後悔と、そして計り知れない興奮が沸く。
崇裕のなかで完全にスイッチが入った。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
拍手、コメント頂ければ大変励みになります☆
参加していますので、ご評価頂ければ嬉しいです♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

posted by ゴーヤ at 10:00| Comment(0) | 俺を見ろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする